海外サーバーvultr

Vultr Ubuntu 16.04サーバーインスタンスにJupyter Notebookをインストールする方法

前書き

IPythonから派生したJu​​pyter Notebookは、科学計算関連の文書を作成および共有するために使用できる、広く使用されているインタラクティブなデータ科学Webアプリケーションです。

この記事では、使用したリモートアクセスのためにVultrのUbuntu 16.04サーバインスタンス上Jupyterノートブックをインストールする方法を紹介しますPython3pip

前提条件

始める前に、あなたはする必要があります:

  • 新しいVultr Ubuntu 16.04サーバーインスタンスをデプロイします。
  • SSH端末からroot以外のsudoユーザーとしてログインし、ユーザー名が ” juser” だとしましょう。あなたはDebianの指示に従うべきですが、/etc/init.d/ssh restart代わりに実行してください/etc/init.d/sshd restart

システムを更新してPIPをインストールする

システムを更新するには、次のコマンドを使用します。

sudo apt-get update -y
sudo apt-get install python3-pip -y
pip3 install --upgrade pip

Jupyter Notebookをインストールする

Jupyter Notebookをインストールしてください。

sudo apt-get install python3-setuptools -y
sudo pip3 install jupyter

Jupyterを設定する

Jupyter Notebookを設定する前に、設定ファイルを作成する必要があります。そうするために、ホームディレクトリに移動して新しいファイルを作成しましょう。

cd ~
jupyter notebook --generate-config

次に、サーバー用のハッシュパスワードを作成し、次のコマンドを実行して指示に従います。

jupyter notebook password

このチュートリアルでは、パスワードを ” jupyter” とします。これは、ハッシュを作成し、それを救うjupyter_notebook_config.jsonで配置されます~/.jupyter/jupyter_notebook_config.json

それでは、少なくともセキュリティを確保したいので、.jupyter/certディレクトリの下にSSL証明書を作成しましょう。

cd .jupyter
mkdir cert
cd cert
openssl req -x509 -nodes -days 365 -newkey rsa:4096 -keyout jkey.key -out jcert.pem

それでは編集しましょうjupter_notebook_config.py。あなたの好きなテキストエディタでそれを開き、以下の行を見つけ、それらのコメントを外し、そして以下に示すようにそれらを変更してください。

編集する前に

#c.NotebookApp.password = ''
#c.NotebookApp.port = 8888
#c.NotebookApp.ip = 'localhost'
#c.NotebookApp.open_browser = False
#c.NotebookApp.certfile = ''
#c.NotebookApp.keyfile = ''

編集後

c.NotebookApp.password = 'sha1:<your sha hashed password>'
c.NotebookApp.port = 8888
c.NotebookApp.ip = '*'
c.NotebookApp.open_browser = False
c.NotebookApp.certfile = '/home/juser/.jupyter/cert/jcert.pem'
c.NotebookApp.keyfile = '/home/juser/.jupyter/cert/jkey.key'

ハッシュしたパスワードはに保存されたことを忘れないでください~/.jupyter/jupyter_notebook_config.json

ファイアウォールを変更する

ファイアウォールの規則を変更します。

sudo apt-get install firewalld -y
sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=8888/tcp --permanent
sudo systemctl restart firewalld.service

結論

Jupyter Notebookをコマンドjupyter notebookで実行してhttps://<your server ip>:8888、セキュリティの警告を無視して先に設定したパスワードを使用してください。

nohupログアウトして実行し続ける場合は、一緒に実行できることを忘れないでください。

nohup jupyter notebook &